コロナ対策ソリューション | LoRaWAN 見守りパック (換気目安通知 & 緊急呼び出し)

 コロナ対策ソリューションの第2弾として、「換気目安の通知」と「緊急呼び出し」ができる「LoRaWAN 見守りパック」の販売を開始しました。

 手のひらサイズの「CO2センサー」は、室内のCO2濃度を見守っています。換気が必要な空気状態になるとブザーで知らせたり、LINEで教えてくれます。温度や湿度の測定もできるので、熱中症の予防にも役立ちます。

Dragino_LQA4

 手のひらサイズの「GPSポケット端末」は 、ポケットに入れたり首からぶら下げて使います。緊急呼び出しボタンがついているので、ナースコールのような使い方もできます。LoRaの電波が届く範囲(500m程度)なら、家の外でも家族に位置情報をLINEで伝える事ができます。

Dragino_LGT92-JP

 外出の多い方向けには、オプションの屋外ゲートウェイ(10万円)を選択すれば、家から1 – 5kmの範囲をカバーすることもできます。また、部屋数の多い人や家族の多い人は、必要な装置を「必要なだけ」追加購入することもできます。

 必要なものがセットになった「LoRaWAN 見守りパック」は、10万円から導入することができるお手軽なソリューションです。

※ 利用には、インターネット接続環境が別途必要です。

LoRaWAN 見守りパック | コロナ対策ソリューション

  • CO2センサー LAQ4 2台
  • GPSポケット端末 LGT92-JP 1個
  • LoRaWAN  室内ゲートウェイ LPS8-JP 1台
  • アプリケーションサーバー(アラート通知用) 1ユーザーID
  • サーバー利用マニュアル

価格 10万円(税別)

初期設定サポート

 サーバー利用マニュアルに従えば簡単に初期設定ができますが、パソコンを使い慣れていない人向けに、アプリケーションサーバーの設定(LINEへのアラートを含む)を代行します。

 家に届いた段階で既に設定は完了しているので、IT製品の知識がなくても簡単に導入が可能です。

価格 3万円(税別)

Follow me!