「違いがわかるAI」が教師なし学習で異常を見つける「 Drone View 」

Drone View

土木・建設業ではドローンの活用が進んでいます。

近年急速に老朽化が進むインフラの点検作業では、撮影したデジタル画像をAIが点検する「 Drone View 」のご利用がお勧めです。

点検品質の均一化と点検時間の短縮ができます。クラウドシステムなので、Webブラウザが動く環境があればすぐに利用開始できます。また、処理速度を重視するユーザー向けにはデスクトップ版もご提供しています。

20万円程度のお手軽な価格からPoCが実施できますので、ぜひお問い合わせください。

さらに、Agisoft MetashapeやPix4D Mapperなどの市販のソフトを使うと、ドローンなどで撮影したデジタル画像を使って、従来の地上測量より圧倒的に速いスピードでオルソ画像や3次元点群データやを作成することもできます。

この出力データをCADで読み込むことにより、断面図の作成や容量計算なども簡単にできるので、コストの大幅な削減と作業のスピードアップが可能です。